高い価値がある絵画とはどういうものか、調べる方法

高い価値がある絵画

高価な絵画のお得な買取談

絵画で高い価値がついているものを知っている人は多いでしょう。有名なのだと「モナリザ」のダビンチなど、有名な画家や絵画はたくさんあります。しかし、絵画に興味がない人だったらたとえ自分が何かの絵画を持っていたとしても、その絵画がどんな価値があるかわからないでしょう。もしかすると、自分が持っている絵画がとても希少で、高い価値を持っているかもしれません。ではどうしたらそのような希少な価値の絵画を見分けることができるのでしょうか。


希少な価値の絵画だと見抜く方法は、大きく分けて三つほどあります。まず一つ目は、作家物かどうかです。とても有名な画家が描いた作品なら、それだけ貴重で高い価値を持っているということです。ではどうしたら作家物だとわかるか、というと、分かりやすいところでいうと「サイン」が書いてあるかどうかです。表か裏、どちらかにサインらしきものがあったら、それは高い価値を持っている可能性があります。画家にとって魂を込めて描いた作品には、自分のサインを残しておきたいという心情があるので、希少価値が高いものは作家のサインがあるでしょう。


二つ目は、絵画が描かれた年代です。これは昔であればあるほど良いです。昔に描かれたものはとても少なく、それだけ希少価値があるということです。ですが古い絵画は保存状態が不安です。有名な画家が描いた昔の絵画だったら、とても希少価値が高いのはそのせいです。最後に、その絵画の入手ルートです。偉い人から貰ったなど、骨董品が好きな友人から貰ったなどの理由で絵画を持っているなら、その絵画は希少価値が高い可能性があります。