絵画の価値査定は色々な条件とプロの判断で決まる

絵画の価値はこう決まる

高価な絵画のお得な買取談

絵画の価値は需要が生まれなければ、いくら優れた作品でも高額にはなりません。絵画の価値を決めるのは画廊である事が大半だからです。売れる絵と売れない絵と言う基準で、ビジネスとして絵画に接する画廊は値段をつけます。知名度が低い絵画には芸術的な価値があっても、殆ど高値がつく事はありません。絵画の価値を決める大きな要因は作家の知名度です。過去の有名作家の未発表作品は、絵画マニアの購買欲を煽ります。美術館等に保存されている有名作家の作品の多くは、お金をどんなに持っていても所有するのは困難です。なので好きな作家の未発表作品が、どこかに眠っていないかと、絵画マニア達は情報収集する事に余念がありません。鑑定士は有名作家の絵画の価値を決める時、注意をしている事があります。


鑑定する作品が本物なのか、それとも誰かがタッチを似せて書いた贋作なのかと言う点です。贋作の数は有名作家である程多いです。完成度もとても精巧なものとなっています。贋作の中にはプロの鑑定士でさえ見分けるのが難しいものもあります。技術的にはかなり高度ですが、本物と比較するとやはり価値は大きく落ちます。

絵画の価値で知って置きたいのは、絶対的なものでは無いと言う事です。絵画を売ろうと考えている人は、買取サービスの鑑定を依頼して見る事をお勧めします。現時点での需要や美術的価値等保存状態に至る迄、絵画の価格を細かいポイントから判断してくれます。適切な買取サービスの眼力に頼るのが確実です。